チーム医療のための職能の理解

キャリアアップの目標を掲げる看護師は着実に増えてきました。キャリア志向の強い看護師は就職先として大病院を選ぶのが一般的です。充実した教育システムが整っていて、最先端の医療を現場で経験できる魅力もあり、様々な支援制度も充実しているのが大病院の魅力となっています。自分のスキルアップを考えて大病院を選ぶ人が多いものの、勤務先として選ぶ以上は持っておかなければならない心構えがある点にも注意しましょう。大病院ではチーム医療が徹底されるようになってきていて、看護師としての職能を十分に発揮することが求められています。

そのために大切になるのが他の医療従事者の職能や仕事についての十分な理解であり、どのような専門能力を持っているのかを把握して現場で働くことが欠かせません。医師や薬剤師だけでなく、臨床検査技師や理学療法士など、様々な資格を持っている人が医療現場にいます。チーム医療を実現するためには、その専門の医療従事者が最大限に専門性を発揮できるように協力することが重要です。そのためにはより適任者がいる仕事は速やかに託すという心構えが大切になります。それを実現するために必要なのが他の医療従事者の職能の理解であり、ただ自分の能力を高めるために日々を過ごすのではなく、より良いチーム医療を実現するために周囲のことまで学ぶ意識を持ちましょう。大病院でキャリアをつけていきたいと考えたら欠かせないのがチーム医療への貢献です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です