言動には注意しましょう!

医療従事者として働く場合には言動に注意が必要です。なぜなら、身につけておきたい心構えがあるからです。とりわけ細やかな対応を求められる職業として、看護師が挙げられています。直接、患者と接することが多い職業ですから、臨機応変な対応が重要です。受け持つ専門科によって、乳幼児から高齢者まで、さまざまな年代の患者が訪れます。それぞれの状況を考慮しながら対応しましょう。

怪我や病気をしたために、精神的に落ち込んでしまう患者も見受けられます。精神的なストレスが、肉体的にも影響を及ぼす傾向は多々あります。いたわりの言葉をかけて、回復に繋がるような自信を持たせることがポイントです。無理に元気になることを強要したり、不注意などを指摘したりすることは避けるべきです。医療従事者の中でも、看護師は患者から頼りにされやすい職業です。言動には十分に配慮する心構えが大切です。

また、上司や同僚の医療従事者とスムーズな人間関係を築けるように心がけましょう。病院やクリニックなどの医療機関には、医師や薬剤師、医療事務員など、さまざまな職業のスタッフが在籍しています。ギスギスした雰囲気が流れていると、患者に不安を抱かせてしまいます。医療の現場ではチームワークが大きなポイントになりますので、明るく和やかな雰囲気を目指しましょう。自分から挨拶をしたり、折に触れて感謝の気持ちを伝えたりする心構えは大事です。もしもミスをした場合には、素直で迅速な謝罪が有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です